Python Day5 len()

投稿者: | 2018年12月9日

オブジェクトの長さを返す。つまり要素の数。  

例えば、listだと、  

numbers = [1, 2]
print(lne(numbers))

2

となる。  

他のデータ構造では、  

numbers = (1, 2, 4)
print(lne(numbers))

3

numbers = {1, 2, 4} #集合表記
print(lne(numbers))

3

numbers = {"a": 1, "b": 2, "c": 4}
print(lne(numbers))

3

words = "hello"
print(len(word))

5

文字列にも、len()を使える。

以上!

len()

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください