Python」カテゴリーアーカイブ

Python Day6 any()

anyは、渡されたイテラブルの要素の中で、いずれかが真(True)なら、Trueを返す。 イテラブルの要素が空ならばFalseを返す。 下のコードはリファレンスにあるもの。 def any(iterable):   fo… 続きを読む »

Python Day5 len()

オブジェクトの長さを返す。つまり要素の数。   例えば、listだと、   numbers = [1, 2] print(lne(numbers)) ​ 2 となる。   他のデータ構造では、   numbers = (… 続きを読む »

Python Day4 bool()

ブール値であるTrueかFalseを返す。 “str”型は、文字列が”False”でもTrueを返す。空” “で無ければTrue. print(bo… 続きを読む »

Python Day3 sum()

sum関数は、与えられた要素を合計する関数。 numbers = [1, 2, 3, 4, 5] print(sum(numbers)) ​ 15 タプルや、ジェネレータ式を渡しても良い。 numbers = (i fo… 続きを読む »

Python Day2 max(), min()

maxとmin関数について、渡した値やリストやタプルなどの中から、最大値と最小値を取得できる。 print(max(1, 2)) ​ 2 ​ print(min(1, 2)) 1 複数渡すと複数の中から選ばれる。 pri… 続きを読む »

Python Day1 print()

Day1 print() 最初はやはりHelloWorldから。 print(“HelloWorld”) ​ HelloWorld print()に文字列”Helloworld”を書くだけ。 変数を使って表現すると、 w… 続きを読む »