[B! 化学] 「C2」が合成された話 : 有機化学美術館・分館

謎のワクワク感があって、夢が広がる。

こういう学んだことと地続きなニュースは、興味を持てる。

C2の合成ができることで今まで以上に暮らしが便利になったり、豊かになるんだろうか。

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください