MKSA単位系 メモ

投稿者: | 2017年5月10日

Wikipediaからまとめただけ。

 

国際単位系(こくさいたんいけい、仏: Système international d’unités、英: International System of Units、略称:SI)とは、メートル法の後継として国際的に定めた単位系である。
## MKS単位系(力学のみ)
・単位メートル
・単位キログラム
・単位秒
電磁気学では、アンペア[A]を加えた、
MKSA単位系を使う。
MKSA単位系に3つの基本単位を加えたものがSIである。
・メートル
1秒の 299792458 分の1の時間に光が真空中を伝わる距離。
光の速さ 約30万Km/sの約3億分の1秒の距離。
・キログラム
国際キログラム原器(IPK)の質量
人工的なものである。普遍的な物理量でない。
・秒
セシウム原子時計が秒として定義されてる。
他の量とは関係せず完全に独立して与えられている。
秒は、セシウム 133 の原子の基底状態の二つの超微細構造準位の間の遷移に対応する放射の周期の9192631770倍の継続時間である.
・アンペア
アンペアは, 真空中に 1 メートルの間隔で平行に配置された無限に小さい円形断面積を有する無限に長い二本の直線状導体のそれぞれを流れ, これらの導体の長さ 1 メートルにつき 2 × 10−7ニュートンの力を及ぼし合う一定の電流である。
クーロンはアンペアに基づいて定義されており、1クーロンは1アンペアの電流により流れる電荷である。
## ああ
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA