Python 3.6 f文字列 formatted string

投稿者: | 2017年3月15日

Pythonで文字列に数値を埋め込む方式は、”%”やstr.format()があった。

Python 3.6では新しくf文字列(formatted string)が追加された。

これは、r’ ‘のように、先頭にfをつけてf’ ‘のように入力する。{}で囲まれた部分でPythonの式を評価し文字列として出力する。

%方式 str.format()方式 f文字列方式

# !/user/bin/env python

def main():
    str = 'hello'

    # 出力 -> hello

    # %方式
    print('%s' %(str))

    # str.format()方式
    print('{}'.format(str))

    # f文字列方式
    print(f'{str}')



if __name__ == '__main__':
    main()

f文字列方式

# !/user/bin/env python

def main():
    a = 1
    b = 'hello'
    c = 2.000
    d = 64

    # 変数を{}の中に入れられる。
    print(f'{a} {b} {c}')
    # 1 hello 2


    # {]の中で計算できる。
    print(f'{1+2}')
    # 3


    # 10文字の範囲で右そろえ
    print(f'{a:10}')
    #         1


    # 10文字の範囲で左揃え
    print(f'{a:<10} {b:<10}')
    #1          hello


    # 10文字の範囲で中央揃え
    print(f'{a:^10} {b:^10}')
    #    1        hello


    # 小数点表示範囲
    print(f'{c:.1f} {c:.2f} {c:.3f}')
    # 2.0 2.00 2.000


    # 8進数、16進数変換して表示
    print(f'10進数:{d} 8進数:{d:o}  16進数:{d:x}')
    # 10進数:64 8進数:100  16進数:40


if __name__ == '__main__':
    main()

 

 

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA